患者本位の「がん情報サイト」

Ⅱ.各治験の解説  
※企業から了承が得られた情報を公開しています。

治験概要

更新日 2021年12月3日

管理ID(治験ID)
治験名

オシメルチニブ単剤による一次治療下で病勢進行した進行非小細胞肺癌患者を対象に、バイオマーカーを指標とした第Ⅱ相プラットフォーム試験

治験依頼者

アストラゼネカ株式会社

治験のフェーズ

第1/2b相

治験成分記号
(治験薬一般名)
治験成分記号:AZD9291 治験薬一般名(日本語):オシメルチニブ 治験薬一般名(英 語):-

 活性型変異(L858R等)を有するEGFRチロシンキナーゼ並びに活性型変異及びT790M変異を有するEGFRチロシンキナーゼに対して阻害作用を示すことにより、EGFR遺伝子変異を有する腫瘍の増殖を抑制すると考えられています。


治験成分記号:AZD6094 治験薬一般名(日本語):- 治験薬一般名(英 語):Savolitinib

<作用機序情報>

多くの種類の固形腫瘍で異常に機能することが示されている酵素であるc-MET受容体チロシンキナーゼの選択的阻害剤です。

治験成分記号:ZD1839 治験薬一般名(日本語):ゲフィチニブ 治験薬一般名(英 語):-

EGFRチロシンキナーゼを選択的に阻害し、腫瘍細胞の増殖能を低下させます。

治験成分記号:- 治験薬一般名(日本語):ネシツムマブ(遺伝子組換え) 治験薬一般名(英 語):-

EGFRに対する抗体であり、EGFRに結合し、EGFRを介したシグナル伝達を阻害すること等により、腫瘍の増殖を抑制すると考えられます。

治験成分記号:MEDI4736 治験薬一般名(日本語):デュルバルマブ[遺伝子組換え] 治験薬一般名(英 語):-

 ヒトPD-L1に対するヒトモノクローナル抗体であり、PD-L1とその受容体であるPD-1との結合を阻害すること等により、抗腫瘍免疫応答を増強し、腫瘍増殖を抑制すると考えられます。

治験成分記号:- 治験薬一般名(日本語):カルボプラチン 治験薬一般名(英 語):-

癌細胞内のDNA鎖と結合し、DNA合成及びそれに引き続く癌細胞の分裂を阻害するものと考えられています。

治験成分記号:- 治験薬一般名(日本語):ペメトレキセド 治験薬一般名(英 語):-

複数の葉酸代謝酵素を同時に阻害することによりDNA合成を阻害して抗腫瘍効果を発揮します。

治験成分記号:- 治験薬一般名(日本語):アレクチニブ 治験薬一般名(英 語):-

ALKチロシンキナーゼ活性を阻害することにより、ALK融合遺伝子陽性の腫瘍細胞の増殖を抑制します。

治験成分記号:LOXO-292 治験薬一般名(日本語):- 治験薬一般名(英 語):Selpercatinib

RETキナーゼの選択的阻害薬です。

治験の概要

 本治験は、オシメルチニブ単剤による一次治療下で進行した進行非小細胞肺癌患者を対象とした第Ⅱ相プラットフォーム試験です。本治験はモジュール式デザインを採用しているため、複数の治験治療の有効性、安全性及び忍容性の評価を行います。


 本治験では、

 ①年齢が18歳以上(日本は20歳以上)であること、

 ②組入れ時点で局所進行又は転移が認められ(すなわち、進行非小細胞肺癌)、根治的手術療法又は放射線療法適応外であること、

 ③診断時にEGFRチロシンキナーゼ阻害薬感受性との関連が知られているEGFR遺伝子変異を有する肺腺癌であることが組織学的又は細胞学的に診断されていること、

 ④進行非小細胞肺癌に対する前治療は、オシメルチニブ単独治療の一次治療のみで、臨床的ベネフィットがあると判断されていること、

 ⑤オシメルチニブ80mg 1日1回の単剤による一次治療下の進行が画像検査により確認されていること、

 ⑥必須の生検に適していて(治験薬の初回投与予定日前60日間以内に採取可能な腫瘍があること)、その手技に耐えられるような安定した臨床状態であること、

 ⑦測定可能病変を有していること、

 ⑧世界保健機関(WHO)パフォーマンスステータスが0又は1で、スクリーニングから治験薬の初回投与までの間に悪化が認められないこと、

 ⑨経口薬の嚥下及び保持が可能、かつ十分な静脈路が確保されていること、

 ⑩探索的研究のための保存腫瘍組織の提供ができること(組織/サンプルが入手可能な場合、提供が必須である)、

 ⑪本治験及びフォローアップを遵守する能力及び意思があること、

 ⑫適切な血液凝固パラメータを有すること、

 ⑬2週間以上の低分子量ヘパリン、第Xa因子阻害薬又はトロンビン阻害薬を使用中であり臨床的に安定している場合は、腫瘍血栓症又は深部静脈血栓症が判明している患者も組入れ可とする、

 ⑭治験治療に特有の避妊基準を遵守する意思があること等の条件を満たす方を対象としています。

 ただし他の条件も多数あり、本試験に参加していただけるか否かは専門家による医学的判断が必要となります。

 本治験で用いられている各治験薬については作用機序情報をご参照ください。

治験の実施方法の概要と注意事項

 本治験では、ランダム化は行われず、専門家による医学的判断の結果、登録の条件を満たす方には治療薬が投与されます。本治験は複数のモジュールから構成されるため、バイオマーカーによる適格基準や各モジュールの参加者募集状況に応じて、

①オシメルチニブ+Savolitinib、②オシメルチニブ+ゲフィチニブ、③オシメルチニブ+ネシツムマブ、④デュルバルマブ+ペメトレキシド+カルボプラチン、⑤オシメルチニブ+アレクチニブ、⑥オシメルチニブ+Selpercatinibのいずれかのモジュールへの参加が決定し、治療が実施されます。

 なお、本治験の治験薬は有効性・安全性が確立していないもので、それらの評価を厳密な管理のもとに行う段階です。

 また、実施する治験薬の副作用が生じうるリスクがあり、治験への参加に伴う検査内容・検査方法等の詳細を含め、本治験への参加の可能性がある場合には、治験実施医療機関において直接説明を受けて頂く必要があります。

病院名

QRコード

ページを印刷

クリックタップで印刷します

一覧へ戻ります

pagetop