患者本位の「がん情報サイト」

病院詳細

現在公開されている
治験について

※臨床試験IDをクリックすると詳細ページへ移動します。

がん種 治験ID 治験名 治験依頼者 病院名
肺がん
jRCT2031230031

PD-L1陽性[Tumor Proportion Score(TPS)≧50%]の転移性非小細胞肺癌患者を対象に、1次治療としてペムブロリズマブ(MK-3475)+ sacituzumab govitecan の併用療法をMK-3475単独療法と比較する非盲検多施設共同無作為化実薬対照第Ⅲ相試験(KEYNOTE-D46/EVOKE-03)

MSD株式会社
岡山大学病院
その他詳細
小児の固形がん
jRCTs031190104

遺伝子パネル検査による遺伝子プロファイリングに基づく複数の分子標的治療に関する患者申出療養(NCCH1901)


特定臨床研究:患者申出療養

岡山大学病院
その他詳細
多発性骨髄腫
jRCT2061230084

自家幹細胞移植後の奏効が不十分な初発多発性骨髄腫(NDMM)成人患者を対象とした、idecabtagene vicleucel(ide-cel) + レナリドミド(LEN)維持療法の有効性及び安全性をレナリドミド単独維持療法と比較するランダム化オープンラベル第3相試験(KarMMa-9)

ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社

岡山大学病院
その他詳細
腎細胞がん
腎盂尿管がん
膀胱がん
その他の腎・尿管・膀胱のがん
jRCT2051220030

淡明細胞型腎細胞癌患者を対象に、腎摘除術後の術後補助療法としてMK-6482とMK-3475の併用療法の有効性及び安全性をプラセボとMK-3475の併用療法と比較する無作為化、多施設共同、二重盲検、第Ⅲ相試験(MK-6482-022)

MSD株式会社
岡山大学病院
その他詳細
喉頭がん
中咽頭がん
下咽頭がん
jRCT2041230127

根治的同時化学放射線療法後に進行が認められなかった未切除の局所進行頭頸部扁平上皮癌患者を対象に、逐次療法としてのvolrustomig(MEDI5752)と観察群を比較する第III相ランダム化非盲検国際多施設共同試験(eVOLVE-HNSCC)

アストラゼネカ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
白血病
jRCT2031230697

未治療の慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫患者を対象にMK-1026と対照薬(治験担当医師が選択したイブルチニブ又はアカラブルチニブ)を比較する第Ⅲ相無作為化試験(BELLWAVE-011試験)

MSD株式会社
岡山大学病院
その他詳細
肺がん
jRCT2031220612

腫瘍組織に承認された治療選択肢が既に存在する遺伝子変異(感受性EGFR変異、ALK及びROS1再構成を含む)が認められないステージIIIB、IIIC、若しくはIVの非小細胞肺癌の成人患者に対する一次治療として、Dato-DXd(ダトポタマブデルクステカン)とデュルバルマブ及びカルボプラチンの併用療法の有効性及び安全性を、ペムブロリズマブと組織型に応じた白金製剤を含む化学療法の併用療法と比較する第III相、ランダム化、非盲検、多施設国際共同試験

アストラゼネカ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
軟部肉腫
jRCT2071230107

Brightline-4:未治療又は既治療の進行脱分化型脂肪肉腫患者を対象としてbrigimadlin(BI 907828)の安全性及び有効性を評価する第III 相非盲検単群多施設共同試験

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
岡山大学病院
その他詳細
肺がん
jRCT2071230098

Beamion LUNG-2:HER2チロシンキナーゼドメイン変異を有する切除不能,局所進行又は転移性非扁平上皮非小細胞肺癌患者を対象に,一次治療としてのBI 1810631の経口投与を標準治療と比較評価する第III相非盲検ランダム化実薬対照多施設共同試験

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
岡山大学病院
その他詳細
白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
その他の血液・リンパのがん
jRCT2053200162

製品規格に適合しないlisocabtagene maraleucelを被験者に投与する拡大アクセス試験(EAP)

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
悪性リンパ腫
jRCT2011230019

中悪性度及び低悪性度B細胞悪性腫瘍を有する患者を対象としたMK-2140の単独療法及び併用療法の安全性及び有効性を評価する、非盲検、多施設共同、第Ⅱ相バスケット試験(waveLINE-006)

MSD株式会社
岡山大学病院
その他詳細
乳がん
乳がん
jRCT2031220651

進行癌に対する内分泌療法をベースとした治療に疾患進行したER陽性/HER2陰性の進行乳癌患者を対象としてARV-471(PF-07850327)とフルベストラントを比較する無作為化,非盲検,多施設共同第3相試験(VERITAC-2)

ファイザーR&D合同会社
岡山大学病院
その他詳細
腎細胞がん
腎盂尿管がん
膀胱がん
その他の腎・尿管・膀胱のがん
jRCT2031210667

根治的膀胱全摘除術を施行予定のシスプラチン不適格の筋層浸潤性膀胱癌患者において周術期治療としてデュルバルマブをトレメリムマブ+enfortumab vedotin と併用、若しくはenfortumab vedotin と併用にて投与したときの有効性及び安全性を評価する第III 相無作為化非盲検多施設共同試験

Fortrea Japan株式会社
岡山大学病院
その他詳細
肝細胞がん
胆のうがん
胆管がん
膵臓がん
その他の肝臓・胆のう・膵臓のがん
jRCT2011220004

局所肝細胞癌患者を対象として、TACE及びデュルバルマブとトレメリムマブ±レンバチニブの併用療法を、TACE 単独療法との比較により評価する第III相ランダム化非盲検治験依頼者盲検多施設共同試験

アストラゼネカ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
その他の血液・リンパのがん
jRCT2021220043

初発のびまん性大細胞型B 細胞リンパ腫(DLBCL)患者を対象としたエプコリタマブとR-CHOP の併用療法とR-CHOP 療法の比較試験[M20-621] 

アッヴィ合同会社
岡山大学病院
その他詳細
悪性リンパ腫
jRCT2021230024

再発又は難治性の濾胞性リンパ腫被験者を対象として,エプコリタマブとリツキシマブ+ レナリドミド(R2)療法を併用投与したときの安全性及び有効性をR2 療法と比較評価する第III 相非盲検試験(EPCORE? FL-1)[M20-638]

アッヴィ合同会社
岡山大学病院
その他詳細
乳がん
乳がん
jRCT2061220087

術前薬物療法後の外科的切除時に乳房及び/又は腋窩リンパ節に浸潤性残存病変を有するステージI~IIIのトリプルネガティブ乳癌患者を対象としてデュルバルマブ併用下又は非併用下のDatopotamab Deruxtecan(Dato-DXd)と医師選択治療を比較検討する第III相非盲検無作為化試験(TROPION-Breast03試験)

第一三共株式会社
岡山大学病院
その他詳細
膀胱がん
jRCT2053220142

日本人のBCG不応性高グレード筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)患者に対するFE 999326の膀胱内注入療法における安全性及び有効性の検証試験

フェリング・ファーマ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
膀胱がん
jRCT2031210016

膀胱切除術後の血中循環腫瘍DNA(ctDNA)陽性の高リスク筋層浸潤性膀胱癌患者を対象とした、術後補助療法としてのATEZOLIZUMAB(抗PD-L1抗体)とプラセボを比較する第III相二重盲検多施設共同ランダム化試験

中外製薬株式会社
岡山大学病院
その他詳細
白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
その他の血液・リンパのがん
jRCT2041200065

未治療の非胚中心B細胞びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を有する75歳以下の患者を対象に、アカラブルチニブとリツキシマブ、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、及びPrednisone(R-CHOP)との併用療法を検討する第III相、無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験

アストラゼネカ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
肺がん
jRCT2011210058

HER2エクソン19又は20変異を有する切除不能、局所進行又は転移性非小細胞肺癌患者を対象とした一次治療としてのトラスツズマブ デルクステカンの有効性及び安全性を評価する第III相多施設共同無作為化非盲検試験(DESTINY-Lung04)

第一三共株式会社
岡山大学病院
その他詳細
白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
その他の血液・リンパのがん
jRCT2041210129

再発又は難治性(R/R)B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-NHL)を対象としたツシジノスタットとリツキシマブ併用の第Ib/II相試験

Meiji Seikaファルマ株式会社
岡山大学病院
その他詳細
肺がん
jRCT2031200247

局所進行又は転移性EGFR変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象としたpatritumab deruxtecan(U3-1402)とオシメルチニブの併用療法の第Ⅰ相非盲検試験

第一三共株式会社
岡山大学病院
その他詳細

© 2021 Foundation for Promotion of Cancer Research.

pagetop